演ずるという事(+o+)
只今「小書」恐怖症です・・・

「小書」とは各曲に付いている特殊演出であります。

今月17日に 2度目の「道成寺」を勤めさせていただきますが、赤頭 崩之伝の「小書」付けていただきました。

先日 先生にお稽古をしていただいた時に

「初演じゃないからね!」という一言を頂いた・・・

悩みました・・・今も悩み中((+_+))

頭では 披キ(初めてその曲を勤める事)の時は 基礎の集大成のこの曲を ちゃんと演ずる!

しかし今回は 「道成寺」という曲を演じなければならない!と わかってはいるものの ・・・

更に 小書や着ける 面・装束によっても 演じ方に作用する。

よくミュージシャンが新しいアルバムを出す時に 今までを1度ぶち壊して また作り直す!とコメント

するのを見たことがありますが、まさに それなのか!?と実感しました。

まあ私たちの場合は 基の曲の構想があって 少しずつ変えていくので そこまでは 辛い作業では

無いのかもしれませんが・・・

自分の中の固定観念というものも 時には やっかいに 思えてくるものがあります。

先生の一言を受けて 頭の中をグワーン と廻ったのが

初演の時は 前シテの出から 鐘(恋した山伏)に対しての執念を強く持ち わざと自分から 鐘の供養の場

に近付き 執心を遂げようとする思いを持って 謡も強く 急之舞もそんな感じで 舞っていた様に思います。

でもそうではなく 近くに住む 白拍子が この曲の中頃のおワキの語りの部分の話を 何処かで聞いていて

鐘の供養が行われる事を知り、自分も同じ女性であるから この話の主人公に同情の思いから 

せめて自分の舞で供養できたらと 供養の場に行き 舞を舞っているうちに 主人公の霊が 白拍子に

リンクして・・・という考えに変わりました。(先生の「鐘入りのすぐ前で気持ちが鬼になる!それまでは

白拍子なんだから綺麗さを!という助言もありました(+o+))

すみません 何も知らない能楽師みたいで(>_<。)フィーリング能楽師と呼んでください(笑)

また 後シテの演じ方によっても 前シテの演じ方が変わります。

後の赤頭はその名の如く赤頭を頭に着け演じます。(梅若で使う赤頭は、本来 龍神などに使うフワッとした

赤頭ではなく、日高川から上がったかの如くしなっと潰れた感じの赤頭を用います)

そして ねっとりと演じる のだとお言葉をいただきました。

その相乗効果として 前シテは 綺麗に と 直されたわけです!!!

見る側も 前シテも 気分的に重く 後シテも・・・ なんてだったら 疲れるし 後味悪くてしょうがない

でしょうね・・・

では このへんで・・・

小書のことはまた次回(^-^)
[PR]
by kakutou-noh-actor | 2009-10-03 00:50 | 演能後に思うこと…と

能楽倶楽部
by kakutou-noh-actor
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
袴はかまレンタル卒業式情..
from 袴はかまレンタル卒業式情報ネ..
銀だら味噌漬専門店-銀だ..
from 銀だら味噌漬 磯田
銀だら味噌漬 磯田
from 銀だら味噌漬 磯田
群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
フォーシーズンズホテル丸..
from フォーシーズンズホテル丸の内..
伊香保温泉日本の名湯
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
フォロー中のブログ
恋するお菓子
検索
最新の記事
梅若会納会
at 2016-11-24 15:11
いよいよ鸞の会
at 2016-10-15 18:22
能 鵺について 2
at 2016-05-08 11:20
能 鵺について 2
at 2016-05-08 11:20
能 鵺について 1
at 2016-04-09 08:47
ファン
ブログジャンル
演劇
アーティスト
画像一覧