<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
食べ物!?(・o・)4
さて九州、次の日は丸一日OFF!
こっちの友達を付き合せ、海の中道海浜公園へヽ(`○´)/
私も、相手もかるくしか行き方を調べなかったので・・・2.5キロばかし歩くハメに(´ー`)┌
まぁいい運動になりましたが・・・
b0136198_13492734.jpg

b0136198_134956100.jpg

b0136198_13502514.jpg


そして到着!!!う~んよいロケーション!!!
b0136198_13505462.jpg

b0136198_13511385.jpg

しかし土曜日!都内で水族館に行くと超混み!!!これをイメージして行ったんですが・・・・・
あんまし人いない・・・ゆうゆうとゆっくり見れましたヽ(`○´)/
b0136198_13514086.jpg

b0136198_1352048.jpg

b0136198_13522167.jpg

b0136198_1352417.jpg

b0136198_1353148.jpg

b0136198_13532197.jpg

b0136198_1353418.jpg

やべっ!!!基本のペンギンの水槽とラッコの水槽とイルカ撮るの忘れた( ̄- ̄)
そーいえば章さんが船出てるって言ってたっけ・・・www
b0136198_13542096.jpg

b0136198_13543912.jpg

20分で着くじゃん!!!( ̄- ̄)てなわけで帰りは船で(。・_・。)
b0136198_13545740.jpg


しかし水族館やら動物園のお土産ショップはえげつない・・・!!!
買っちゃうじゃん(▼O▼メ) !!!
と「スナメリ ホワイトバージョン」を買ってしまいましたo(´^`)o
b0136198_13551541.jpg


で食べ物はその日の夜に
中洲の川沿い、春吉橋の横をはいったとこにあります「小料理屋 ほおずき」さんです。
カウンターメインで目の前にずらりと料理が並んでいてそこから注文するといただけるおばんざい屋さんです。b0136198_13554924.jpg

b0136198_1356822.jpg

お店の雰囲気も落ち着いた感じで、味も格別!!!やさしいお母さんお2人がなさっています。
かなりリーズナブル!!!安い!!!安すぎる!!!
続く
[PR]
by kakutou-noh-actor | 2010-10-21 13:58 | 演能後に思うこと…と
食べ物(・o・)3
先日の九州にて申し合わせの後、誰も捕まらなかったのと父親も来ていたので、飯行きますか!?
と言うことになり九州の鷹尾家御用達の「すし辰」さんへヽ(`○´)/
b0136198_135177.jpg


ここの大将は鷹尾大先生と大昔からのお付き合いだそうで、僕らも昔から鷹尾家の方々によく連れて行って
いただいているんです(~0~)
b0136198_1353672.jpg

b0136198_136616.jpg

b0136198_136322.jpg

b0136198_1365648.jpg

b0136198_1372148.jpg

b0136198_1375164.jpg

つまみ・握り・焼き魚・茶碗蒸し・汁物・そしてうざく!!!極旨です。
だいぶ前に皆で行った時に、先輩の山崎氏が
「これ!丼に巣飯入れてうざくかけたら美味いぜ!!!」って!
「すし辰」さんは丼物無いんですが、まかない用の丼があるので、大将不在の時にその当時働いていた
2人と仲が良かったんで作ってもらったりしました。大将にばれて横目で睨まれこともしばしば・・・
私はネタより巣飯なので、巣飯で大きいおにぎり作ってもらった事もありますヽ(`○´)/
えっ!?( ̄- ̄)あほっ!?
何言ってんねん!!!!巣飯はおすし屋さんの命ぞなもし( ̄- ̄)(´ー`)┌
でも値段の書いていない高級お鮨屋さんです!大将は喋ると面白いとても気さくな方ですヽ(`○´)/
中洲のど真ん中にあります!!!
[PR]
by kakutou-noh-actor | 2010-10-21 13:09 | 演能後に思うこと…と
食べ物(・o・)2
今回は学芸大学の「ナルカミ」2連ちゃんです(。・_・。)

季節限定メニュー!?のめぐろ丼(秋刀魚・いくらメインの丼で、まずそのまま食べてから次に秋刀魚の肝を
使ったタレをかけてまた食べます!!!絶品(⌒▽⌒;) )を友達に言ったところ「行きたい!行きたい!」が
殺到し・・・2連ちゃん・・・www
b0136198_15244135.jpg


「まさやん(ナルカミ大将・自分より1学年下)最高(⌒▽⌒;) !!!」
「なおさん・・・その呼び方・・・慣れないからやめてくださいよ!!!」
b0136198_1525541.jpg

とにかく美味いヾ(@⌒¬⌒@)ノ
b0136198_15262360.jpg

最初に行ってメニューに「めぐろ丼」と書いてあって、まさやんが「下さん、まだ食べてませんよ!!!」って!
このお店紹介してくださったのが、(観世流シテ方)下平さんでしたので、メールにてすぐ報告!!!
下 「何!?それ!?」
直 「すみません!!!お先に頂きますm(_ _)m 」
下 「まーぼーどーふ丼じゃないんだ・・・」
直 「何!?それ!!!!???」
   「まさやん!!!何それ!?!?」
まさ「いや・・・ちょっと・・・昼にやってるメニューなんですが、匂いがきついので、閉店後じゃないと・・・」
b0136198_1527387.jpg

結局閉店時間まで粘り・・・というか、またまた宣伝になるんですが、店内の雰囲気が良くて落ち着いちゃうんで時間が直ぐに経っちゃうんですよヽ(`○´)/b0136198_15273328.jpg

でマーボー丼!!!いただきましたヽ(`○´)/
b0136198_15275770.jpg



そして恒例の旨い・馬い会にて江古田にある
牛刺・ステーキ・煮込 やっちゃん というお店に(。・_・。)
もう言うことなし・・・
お料理の数々をどーぞ!!
あっ!?このハンバーグみたいなのは、ハンバーグではなくつくねなんです!!!
メニューにはハンバーグもあるんで、ハンバーグ好きの私としてはハンバーグも食べてみたいと思います!!
b0136198_15391878.jpg

b0136198_15393864.jpg

b0136198_15395881.jpg

b0136198_15401640.jpg

b0136198_1540372.jpg

b0136198_1541192.jpg

b0136198_15412242.jpg

b0136198_15414158.jpg

b0136198_15422839.jpg

b0136198_15424564.jpg

テールスープ!!!b0136198_15431469.jpg

一緒に行った人が写真を撮る時にちょいといたずら( ̄- ̄)
なんか・・・宇宙感が出てません!?b0136198_15434359.jpg

b0136198_1544458.jpg


そして・・・このお店にこんな目うるうるの犬が・・・(T^T)
皆がトイレに行くたびに「何か全て悪いものを見透かされている気がして・・・」って。
うちら男は大の時じゃないと目が合わないんですけどね(。・_・。)
いやー極旨でしたが、場所をいまいち覚えてにゃいや( ̄- ̄)

そーそー 江古田はえこだ!?えごた!?の疑問が!!!Uー'`ー;U
江古田駅はえこだ。新江古田はえごた。で昔からあるであろう江古田銀座や江古田地下横断歩道はえごた。
江古田駅交番や江古田駐輪場はえこだ。Uー'`ー;U ムムッどーゆーこと!?!?
b0136198_15512188.jpg

b0136198_15514037.jpg

続く  
[PR]
by kakutou-noh-actor | 2010-10-19 15:52 | 演能後に思うこと…と
食べ物(・o・)1
食べ物の写真が貯まりましたので、ここいらで放出しときます(・o・)

先月の会の後、久しぶりに梅若能楽学院会館の横にあるステーキジェロニモに皆で行きました。
ここは、うちらが内弟子の頃に夜の挨拶を終えてから抜け出して行っていたお店です。
珍しく山崎正道・小田切康陽・梅若基徳・鷹尾章弘・山中ガ晶・松山隆之・川口晃平・伶以野陽子という
メンバーで!!!家はあまり皆で行く事が無いので、たまにはいいんじゃないかな!?と思いました。
仕事のダメだしであったり、下から上に言いたいこと、単なるおふざけ・・・などなどヽ(`○´)/

では料理の数々を
b0136198_1846674.jpg

b0136198_18463291.jpg

b0136198_18465467.jpg

b0136198_1847139.jpg

b0136198_18473242.jpg

b0136198_18475336.jpg

あ~アノ頃は(20年前くらい!?)夜中に1ポンドのステーキとか食べてたなぁ~(>_<)もう食えん!?

あ~こんなこともありました(>_<)
b0136198_19205188.jpg


二子玉川の高島屋の薪能が、高島屋の屋上の庭園であるんですが、3日間あって初日にはゴキジェット
買ってきてもらって撒いたりしてなんとかなったんですが、最終日!!!!!!!!!!!!!!!!
にゃんと目の前に出てくれました( ̄- ̄)
曲は「鵜飼」前シテの時に舞台の後ろの方からでっかい黒いものがぶーーーーーーんって(>_<)
ちょうど舞台後に樹木が沢山うえてあるんですよ!!!そこがたぶん巣になってるんでしょう(>_<)
自分、地謡で後列の1番右に座ってましたから、もうガン見ですよ!!!
お笛の人と小鼓の人の間にそいつは着地した!そして小鼓の人の後へ・・・
お囃子が打つ時になって動いた時に前へ出てきた・・・(>_<)
しかも円を描く様に、そしてお決まりの様に地謡の前へ・・・マジかよっ!!!!
左目で見ると前列真ん中に座っている川口晃平の袴の上を行ったり来たり・・・www
心の中で「晃平!その場で握り潰してくれ・・」
そろそろ地謡の部分!扇を取るのに手を出す所に・・・・
( ̄ェ ̄;) エッ?
|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?
お決まりの様に後に来た・・・
「うーん・・・どーする・・・落ち着け・・・俺!!!」
と考えていると目の前に・・・┌|∵|┘
とっさに手に持っている扇にて横へすっと払うと
ラッキー\(^^\)(/^^)/
(≧∇≦)ъ ナイス!ショット!!!!
奴は 横へ滑っていき舞台の下へ!!!!!!!!!!!!
は~(。・_・。)よかったフー

続く
[PR]
by kakutou-noh-actor | 2010-10-18 19:21 | 演能後に思うこと…と
邯鄲!!!終わりました!!!
本日 国立能楽堂にて 父の後援会であります鸞の会が無事!?催されました!!!
ご来場くださいました皆々様・ご協力いただきました先生方!ほんとうにありがとうございました。
b0136198_2262966.jpg

今年も何番かシテを勤めさせていただきましたが、間違えたり、自分なりに出来なかったりと不調続きでしたが、今回の「邯鄲」は自分の中では自分なりに考えた部分などそれなりにいけたのではないかと(~0~)
(あくまで自分の中での事ですよ!!!まだまだなのはじゅうじゅうわかってます(>o<"))
しかもまだDVD観てませんのでなんとも言えませんが(>_<)

終わって帰るとき高速に乗った瞬間に、気分的に少し晴れ晴れとしていたのでアクセルをちょっと踏み込み
たくなって踏み込んだら(当然スピードは少しでてますよね(>_<))親父・お袋・弟が「何スピード出してんだろ!?」「早く帰りたいんじゃないの!?」という会話が聞こえてきて・・・
「いやぁヾ(  ̄▽)ゞなんか気分的に晴れ晴れしてるから、ちょっと飛ばしたくなって・・・」
あんまし関係ない話でした┌|∵|┘

ただ、やはり技術不足を実感したのは、楽を舞った後の仕舞の後、走り込み一畳台の上で寝て、お狂言に
起こされた後・・・息があがってしまったことです・・・www
何事も無かったように呆然と「盧生は夢醒めて」の謡を謡わなければいけないのですが、・・・

www

息が・・・あがって・・う・・・謡が・・・(>_<。)

まだまだ無駄な力を使って舞っていると言う事ですね・・・www

それでも今回「邯鄲」という大曲をさせていただいた事は大変勉強になりました。
場面の変化がめまぐるしいこの曲!!!

その場面場面での動き、そして謡!

一畳台の上での舞い!!!

などなど またまた色んな描写の勉強になりました。

写真が出来次第アップさせていただきますヽ(`○´)/
[PR]
by kakutou-noh-actor | 2010-10-16 22:07 | 演能後に思うこと…と
能 邯鄲の事
(^^;;かなりサボっておりました!!!
ミクシーとアメーバに浮気してました(^^;)(だーってあっちのが携帯で簡単にアップできるし~)
いよいよ明日の土曜日に国立能楽堂にて鸞の会公演です。
父は能「三輪」を「白式神神楽(はくしきかみかぐら)」の小書きで。この小書は京都の観世流片山家の小書で大事にされている演出でございます。この白式の小書は見た感じも面白く、人気の有る小書でございます。
そして私は能「邯鄲」をさせていただきます。
以前ミクシーとアメーバの方に宣伝としてアップした時に、先輩の梅若基徳さんからコメント欄に戴いた文章を
引用させていただき、直’s Eyeとして書かせていただきます。

邯鄲(かんたん)  

中国楚ノ国羊飛山の高僧に教えを乞うため旅に出た若者盧生(シテ)は、
途中にある邯鄲の里で、昔仙人がくれたものだという枕を宿の女主(アイ)
より借りて微睡みます。すると帝の勅使(ワキ)が現れ「盧生に位を譲ることになった」
と言い、盧生は宮殿へ迎えられます。帝位につき栄華を極めること50年。
喜びの舞を舞う中、突然宿の女主人の声で起こされる盧生。なんとこれまでの栄耀栄華は
すべて粟のご飯が炊ける間の一瞬の夢であったのです。かくて人生は「一炊(睡)の夢」
と悟った盧生は、清々しい気持ちで故郷へと帰っていきました。
  
この能は一人の青年の「自分にとって夢(将来)とは?」というものを題材に、
能の手法を効果的に使いとてもドラマティックなものに作り上げています。

まず、「中入」のない一場面物ですが、初めてご覧になられる方は、曲の流れを理解する必要があります。
 現状の自己紹介→道行(旅)→邯鄲の里に着く→そこの宿の枕で昼寝をする→王位に就く→
宮殿の中での歓楽→夢から醒めた後、元の邯鄲の宿→悟り、旅立ち というふうに舞台装置も変えずに、
場所の設定が目まぐるしく変わります。
作り物(一畳台、大宮)も最初から最後までありますが、それも途中宿と宮中に変わります。
夢に入った所は勅旨(ワキ)が起こしに来ます。今度その夢から醒めたところは宿の主人(狂言)
が起こしに来ます。それさえ理解出来ればこの能を楽しめるのではないかと思います。
また数ある能の中、唯一ワキが現実的な登場ではなく非現実な夢の中の場面のみ登場するのも
能的に面白いところです。(楊貴妃のように現実から死後の世界に行くのもありますが、これも現実的な人です) 
この能の難しさは、勿論主人公の複雑な心理と変化する情景描写なのですが、
宮中を表わす作り物での「楽」という舞も演者にとっても観る方にとってもひとつの見所だと思います。
いかにして狭い一畳台を柱に触れずに宮殿で舞っているように大きく雄大に見せれるかということと、
また舞の途中その宮殿から拍子を踏み外し落ちそうになり夢から醒めそうになるところがあり、
技術的にも大変難しいところです。
人は王になり富も栄誉も不老長寿もすべてを手に入れるのが最良の「夢」なのでしょうか・・・。
曲が終わり、盧生の帰る姿に観客皆様それぞれの「答え」が見えると思います。

直’s Eye
本当に昔の人はよく考えたものだと思います。能の表現でここまで出来るという素晴しい構成になっています。邯鄲の枕=タイムマシーン みたいな、その場の時空をすっと変えて次の場面に・・・
現代劇であれば暗転にて舞台上の物を変え舞台裏で着替えて場面転換が出来るし、映画であれば、CGなどで変えられる。でも能では出来ない。なのにここまでのスペクタクル的な演出をほどこしています。
ですから基徳さんの書いたように、ご覧になる皆様も時空の流れを把握する事が大事になってきます。
時空というか、夢の中ですね!
いわゆる、簡潔に書くとこうです。

現実  シテの出から一畳台の上でシテが横になって寝るまで!

夢1  おワキがやってきて、シテを起こし、シテが王位に着いた事を伝えます。玉の御輿に乗り王位に着いた
     事を実感します。

夢2  子方・ワキツレが出て来ます。王位に着いて50年の月日が経ちます。一畳台の上で楽(がく)という舞     を舞い、舞台に降り、春・夏・秋・冬がめまぐるしく変わり子方・ワキツレがすーっと退場します。
     囃子・謡も盛り上がり、シテは元の一畳台の上へ

現実  お狂言が粟飯が出来たと起こしに来る。で帰るまで。

とこうなります。

シテは盧生という青年。私の勝手なイメージでは、現代の何がしたいのかをまだ見付けられない若い人にダブル気がします。でもこれではいけないと思い立つ所は前向きな考えを持った人なのではと思います。
ここで考えるのが幕から出てくるところの歩み方と最後の帰るところの歩み方です。最初は当然苦悩悶悶と
しているイメージ、帰りは悟りを開けたという晴れ晴れとしたイメージ・・・でしょうか。

そして珍しいのが、舞台上で横になって寝る型があるというとこです。一畳台の上に枕が置いてあり、お狂言に「一睡 まどろみ候へ」と促され、一畳台に上がりゆっくりと横になります。超ブッキーな私はこの寝方も
上手く望みたい箇所でございます( ̄- ̄)
そしておワキに起こされるところ!!!起き方もガバッと起き上がるイメージ・・・上手く望みたいo(´^`)o
起こされていきなり「あなたは今から王様ですよ」って!!!しかも寝ぼけてるし・・・www
「えっ!!!あんた誰!?!?」みたいな感じですかね???「えっ!俺が王様!?!?えっ!!!」みたいな感じですよね(>o<")謡い方も意識しないと・・・この後直ぐに王位に着いて50年経ってしまいますから、50年後の王位が身に着いた謡い方も・・・

そしてこの後、子役の井上真綾ちゃんのちょっとした舞があります。主役の座持っていかれないようしないと
(-""-;)・・・

その後一畳台の上で楽を舞うところです。基徳さんの文章にも書いてありましたが、その名の通り一畳分の
大きさしかないところで、広ぉ~い王宮をイメージさせる様に舞わなければいけない!!!
そして一畳台から降りる少し手前の空折の一畳台から片足が落ちるという落ちそうになるところ!!!
これ!子供の頃に知らないで観ていた時
「エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?本とに落ちちゃった!!!」と真面目にアクシデントかと思ってびっくりしましたもん。
ですから皆様は驚かないでくださいませませ(~0~)

そして楽後の仕舞の部分の留!王宮が邯鄲の宿に早替りするところ!子方・ワキツレがすっと切戸に引き、
シテは一畳台に走り込んでそのまま以前の如く横になって寝ます。もう一つの型には飛んでそのまま寝る
型もありますが、今回は走り込んで寝る型にてさせていただきます。

この後のしぐさでお洒落ぇ~(・o・)と思ったのは、お狂言が起こしに来て起き上がる前に、寝る型の時に両手を顔の前に合わせてるんですが、右手に持っている唐団をコトン!と落としすっと起き上がる!というところです。かなり洒落てますよね(~0~)

このあとの呆然と感が特に難しいかと思います。気をつけなければいけないのが、息が荒くならぬようにしなければならないんですが、・・・申し合わせはだめでした(>o<")

とりあえず掻い摘んだ見所でございます。

留の能は京都の井上親子の披キ!半能「石橋 大獅子」です。

11時始めです。皆様よろしくおねがいいたしますヽ(`○´)/   
[PR]
by kakutou-noh-actor | 2010-10-15 18:48 | 演能後に思うこと…と
  

能楽倶楽部
by kakutou-noh-actor
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
袴はかまレンタル卒業式情..
from 袴はかまレンタル卒業式情報ネ..
銀だら味噌漬専門店-銀だ..
from 銀だら味噌漬 磯田
銀だら味噌漬 磯田
from 銀だら味噌漬 磯田
群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
フォーシーズンズホテル丸..
from フォーシーズンズホテル丸の内..
伊香保温泉日本の名湯
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
フォロー中のブログ
恋するお菓子
検索
最新の記事
梅若会納会
at 2016-11-24 15:11
いよいよ鸞の会
at 2016-10-15 18:22
能 鵺について 2
at 2016-05-08 11:20
能 鵺について 2
at 2016-05-08 11:20
能 鵺について 1
at 2016-04-09 08:47
ファン
ブログジャンル
演劇
アーティスト
画像一覧